• 参入事例

運送事業との親和性

 ドライバーの高齢化問題
 空き倉庫スペースの活用
 行政処分リスク

上記の問題を解決し、本業の売上向上に繋げる事を内職ビジネスで実現できます。

人材の流動化により、高齢者へ新たな就業環境の提供

流通加工から案件獲得を行う事により、保管/輸送といった物流全般の業務獲得を強化

競合他社との差別化

クライアントへの付加価値提供

内職事業には事業停止や許可取消といった行政処分はございません

働きたくても働く環境の無い方々へ働きやすい環境を提供できる社会貢献度の高い事業です

障がい者福祉事業との親和性

昨今、事業への進出が増えている中で就労継続支援事業への参入を試みる企業が数多くあります。
障がい者福祉事業は国からの給付金によって事業収支が構成されている部分が大きな特徴です。
直近の報酬改正により国から事業を営む企業への自立を促す傾向が強くなってきており、A型/B型を営む経営者は利用者への作業と売上を得る事が急務になっています。

内職事業は誰にでも出来る軽作業となり、利用者の方への作業としては相性が良いと考える

自立する為のノウハウを学び習得する環境が内職市場にあります

チェーン展開を活用した作業共有のメリットがあります

人材派遣業との親和性

人材派遣とはスタッフを様々な企業へ派遣する事によって売上を構築する事業モデルです。
国内を取り巻く環境は少子高齢化による人材不足となりスタッフ供給のバランスを保つ事自体が今後、困難になると考えられています。

クライアントへ二つの提案が出来るようになる

  1. スタッフ派遣の提案
  2. 作業自体のアウトソーシングの提案

自立する為のノウハウを学び習得する環境が内職市場にあります

チェーン展開を活用した作業共有のメリットがあります

問い合わせフォーム

問い合わせフォーム