• 先輩オーナーの本音!

シナジー効果を求め、製造業からの参入!

業務を展開する幅を広げたい!そんな思いから、新規事業を模索していました。 そんなときに出会ったのが「内職市場」でした。
自社の保有施設(土地・建物)を有効利用できるという事と、内職市場の「経営理念」の考え方に共感できる部分が多かった事から、内職市場に取り組むことは当社にとってメリットがあるのではと判断しました。
また、事前に店舗の見学をした際に、活気があり魅力ある店舗運営を見た事も決断する理由のひとつとなりました。
内職市場をオープンしてからは、みるみる社内が活性化しましたよ。
業務を分担することで、新たに教育・訓練の場が出来、総合的なパワーアップに繋がったと思います。
また、新規開拓の営業を通じて、この地域の業務・労働の状況がわかるようになりました。
でもやはり、最大のメリットは今までの業態では出来無かった異業種間の人脈(ネットワーク)が出来始めたことです。
積極的な「種まき営業」を行い、地域に根ざした活動を実施し、お客様には「内職市場に任せれば、何とかなる」。内職さんには「内職市場に行けば何か仕事がある」と認知される店舗運営を目指しています。

サラリーマン生活から一転一国一城の主へ!

ビジネスモデルに面白さを感じ、内職市場のオーナーになる事を決意しました。
私はサラリーマンをやっていましたので内職市場の店舗運営は「一国一城の主」のように感じています。
責任は重大だということは意識しておりますが、そこがいいです。
オープン当初は本部の方々や近隣の店舗の方々に本当に親身にしていただきました。
そのときに業務はもちろんですが、人間関係の大切さを切実に感じましたね・・・。
既存の店舗にとらわれず、大きくなっていく内職市場にも惑わされず、楽しいことを仕事にして何が悪い!とみんなが思えるような店舗にしていきたいです

物流業界での経験と、女性労働力を活かしたい!

長年、物流業界での経験があり、今までの経験から女性の労働力に注目していました。
内職市場なら、女性の労働力と物流経験の両方を活かす事ができると確信し、加盟を決めました。
オープン前には、立地条件が整った倉庫がなかなか見つからずに大変な思いをしましたが、今では多くのパートさんや内職さんの笑顔に出会える場所が出来上がっています。
また、内職市場を始めて、製造業には内職という仕事が不可欠である事を実感しました。
これから、どんどん店舗を拡大していき、将来的には物流経験が活かせるような倉庫を持てるよう、がんばります。

一度は加盟しない道を選択。思い直したキッカケは・・・。

印刷物加工業にて経験があり、倉庫内作業にてPOPの組み立て等の仕事をしていました。
内職業についても理解していましたので、内職市場の事業説明会に参加した時は、加盟しても何のメリットも無いだろうと考えて、一度はあっさりと加盟を断りました。
しかし、顧客として内職市場へ作業の発注をする中で、オープン当初は倉庫が空っぽだった加盟店が、半年後には倉庫が仕事でいっぱい!という状況を目の当たりにし、もしかしてメリットもあるのでは?と思い直しました。
そして改めて加盟を検討し始め、見学したFC店のパートさんや内職さんの笑顔・活力を見て加盟を決意しました。
実際に経営されているオーナーよりも、働いているパートさん社員さんを見れば、その会社の魅力がわかりますね。
また、幸いにもオープン当初から仕事に恵まれ、まだしっかりとした体制が作れていない状態でのスタートとなりました。
そんな中、オープンから10日後には移転しないと業務ができない状態になり、更に忙しく・・時間が無いあまり、夜逃げの様な引越しをしました。
現在では他店にも協力して頂く事で、売上げも伸び、顧客にも喜んでもらえています。 今は、早く多店舗展開がしたいと考えています。

運送業プラス内職市場で業務拡大を目指す!

本業の運送・倉庫業に関連する物流加工を視野に入れた事業拡大を目指していました。
内職市場の経営理念や物事の捉え方・考え方に共鳴し、そこには自社の理想像があると確信を持ち、加盟を決めました。
しかしながら、当社は田舎に倉庫があり、人材の確保が何よりも不安でした。折込チラシを入れても2~3日全く反応がなく、手分けしてバイクに乗りながらポスティングを行いました・・。
しかし、結果的には予想以上の内職さん応募を頂くことになりました!
今、思い返せば各種準備など夢中で取り組むことが多く、むしろ楽しかったです。
パートさんのはつらつとした仕事ぶりを見たり、内職さんから楽しみながら仕事ができるよと感謝された時には、内職市場を始めて良かった、と心から感じます。
既存の取引先からは、「内職市場さんが仕事を請けてくれるなら、新規の分野に挑戦したい」と相談される事もあります。
今は、早く軌道に乗せて内職市場の存在を県内に伝えたいという思いでいっぱいです。
そして、事業に携わる人達の笑顔を大切にして、皆様に愛される店舗を目指します。

問い合わせフォーム

問い合わせフォーム